お金 借りる 簡単

簡単にお金を借りる方法

MENU

簡単にお金を借りる方法

お金を借りる方法には、公的機関を利用したり銀行の目的ローンといったお金を借りる方法がありますが、簡単にお金を借りる方法として消費者金融や銀行カードローンを利用すれば簡単にお金を借りることができます。

 

消費者金融や銀行カードローンでのキャッシングは、銀行の住宅ローンやマイカーローンのような目的ローンとちがい、担保や保証人は不要で、申込者の信用度でお金を貸すので担保もいらず、誰かに保証人なってもらうといった面倒なことをする必要がありません。

 

住宅ローンのような目的ローンは融資金額が決まるとあとは返済のみになり、新たに融資を受けるときは再度申込をして審査を受けなければなりませんが、キャッシングのフリーローンは融資限度額が決まるとその範囲内で何度でも借入れができるといった利便性があります。

 

申込はインターネットの申込方法が簡単で、パソコンやスマホから申込書に記入して送信します。
送信するとすぐに仮審査がおこなわれ、数分で審査の結果が電話やメールで連絡があります。
その結果を確認して本人確認書類を画像保存し、保存したものをメールに添付して送信すると本審査がおこなわれ、本審査が終われば契約になります。
契約が終われば口座振り込みを希望した場合は即座に振込をしてもらえます。

 

キャッシングは簡単にお金が借りられるので、うまく使えば日常生活で便利なツールとして使えますが、借りるにしても無理のない返済計画を立てて、無駄なお金は借りないという心掛けが重要になります。

カードローンでキャッシング

キャッシングを始めるときは目的別でキャッシング会社をえらぶ必要があります。
いますぐお金が必要なときは即日融資ができるところ、低金利でお金を借りたいといった利用方法を決める必要があります。

 

お金を借りるのなら、できるだけ低金利で借りたいと思うのは誰も同じと思いでしょうが、利用金利が低ければ低いほど審査が厳しくなると言われています。
ただ給料日前にお金が不足したときのように、一時的に借り入れをし、短期で返すつもりなら、金利の差というのはそれほど影響しないので、その日に借りたいといった即日融資を受けるときは審査の通りやすい消費者金融を選ぶのもよいかと思います。

 

銀行カードローンのメリットは総量規制での制限は受けないため、年収で融資限度額に制限を受けることがなく、銀行独自の基準に基づいて融資限度額が決められるので、無収入のような専業主婦でも審査に通れば融資が受けられます。

 

このように子育てに忙しくて勤めに出たくても出られない専業主婦は消費者金融のキャッシングはむつかしいですが、世の中にはこのような専業主婦も多いことから銀行も無視することができず、専業主婦を対象とした商品を出している銀行カードローンも増えており、みずほ銀行のカードローンは30万円、イオン銀行の「イオン銀行カードローンBIG」は50万円、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」は30万円を限度とした商品ががあり、今後もこのような専業主婦を対象にしたカードローンは増える傾向にあります。

ローンカードの金利の比較

最近は銀行のローンカードを扱う銀行も増えたため、キャッシングを始めるときは銀行ローンカードでも金利の比較や審査内容、サービス面などの比較ができるようになりました。

 

お金をどうせ借りるならできるだけ低金利で借りたいというのは誰の思いも同じと思いますが、銀行によって金利にちがいがあるので、どこの銀行を利用すればお得なキャッシングができるのかを申込をする前に調べておく必要がありますが、そのためには金利比較の仕方を知っておかなければなりません。

 

たとえば、消費者金融の下限金利4.7%〜上限金利18.0%と、現在一番金利の低いと思われる住信SBI銀行ローンカードの下限金利1.99%〜上限金利7.99%を比較する場合、金利は借入額によって変わりますが、初回の申込時や日常生活で不足分をおぎなう程度のお金の金利は上限金利で比較することになります。
この場合消費者金融の上限金利18.0%と住信SBI銀行ローンカードの上限金利7.99%を比較し、その差は約10%になるので返済を長期で考えている人はこの金利の差が大きく影響してきます。

 

また高額融資を受けるとき、下限金利で比べることになりますが消費者金融の金利と銀行ローンカードの金利を調べてみても銀行ローンカードの方が有利になりますが、低金利になるほど審査がきびしくなるのである程度の属性が必要になるので、ローンカードを申込む前に「借入診断」などを利用して、自分の状況で借りられるかどうかの診断をすることをおすすめします。